シミができてしまうメカニズムと対策方法について

年齢を重ねた肌ほど増えてくるのがシミやくすみの悩みです。
こうしたメラニンの着色ができてしまうメカニズムを解説すると、大きく関わっているのが紫外線です。
紫外線にはB波とA波があり、A波はコラーゲンやエラスチンなどの弾力繊維を破壊してシワのもとになりますが、紫外線B波はメラニンの排出を促進してしまうのです。
またストレスや睡眠不足、喫煙習慣などにより活性酸素が発生してもメラニンが着色してしまうので、原因は一つではありません。

こうしたメラニンの着色を防ぐために有効なのがまずは紫外線対策です。
外出するときには紫外線防止剤を塗ったり、日傘や帽子をかぶるのが有効です。
さらにサングラスをかけると目から入る紫外線を防ぐことができるので、より有効な方法と言えるでしょう。

さらに睡眠時間をしっかりとったり、食事の栄養バランスに気をつけることでもメラニン対策となります。
睡眠中には成長ホルモンという物質が出て肌の代謝を良くしてくれるので、メラニンの着色を防ぐことができますし、フルーツや生野菜に含まれるビタミンCはメラニンを薄くする働きがあります。

紫外線をしっかり防止して、その上で生活習慣を改善すると有効なシミ対策となります。

ミネラルファンデーションランキング